December 28, 2005

051228.jpg桜と共に散った心も
煙になった実家と思い出も
突然の故障者リスト入りも
蝉のように一瞬にかけた海も
一人で踏み出した勇気も
夕暮れとんぼのすばやさも
気付かぬ振りした涙の数も
ポケットにしまった握り拳も
全てを忘れてはしゃいだ夜も
雪を溶かしたあたたかいワインも
僕を取り巻く皆の存在も
全てがまるで映画の様だった。

「続ける」という事。
全ての出来事は来年にも繋がっている。
関係ない様で関係ある。それは家族の様に。
お父さんお母さん今年も帰れそうにありません。
ごめんね。

「感謝する」という事。
忘れちゃいけないメリーゴーランド。
喜びは一瞬なのに、嫌な事はすぐ忘れるくせに、悲しみは続いていく。
関係ある様で関係ない。それは恋人の様に。
いつか僕の絵で幸せをつくれたら君はどんな笑顔をするんだろう。
楽しみだね。

今年は随分と蓄えさせてもらったから来年は勝負の年だ。僕の存在を証明してやる。2005は終わっても、映画は終わらない。

投稿者 mitsu : 11:48 AM

December 14, 2005

051214.jpg背中を押してくれる人がいる
信じてくれる人がいる
ちっぽけな僕なのに
なんでここまでって
これが無償なのか
だから僕は走る 走る 走る  跳ぶ

時間は区切られた
その瞬間に時間は見えてくる
そういやもうすぐ28歳か
自惚れるのはもうダメだ
謙虚に謙虚して  感謝だ
線がカタチになった時
それは "愛のタッチ" と呼ばれるだろう

それがあればきっと寂しくなんかない

投稿者 mitsu : 06:28 PM | コメント (0)

December 06, 2005

051206.jpg内面的な痛みがよく伝わった。おもしろかった。一つの部屋で三人の登場人物と金魚やジューサーミキサーやレコードやカーテンなどのオブジェクトがそれぞれの感情をすごくいい感じにシンクロさせて表現を高めていた。麻生久美子さんはほんとに奇麗で、いろんな映画で見た中でもこの麻生久美子さんはなんだかいつもと違う感じでより奇麗だった。
部屋や小物がすごくかわいくて模様替えをしたくなった。仕事が定時で終われる日がたくさんあったらもっといろいろ買い物とか出来て、休日買い物に行く時間が浮くのになぁ。

監督:行定勲 主演:麻生久美子・つぐみ・永瀬正敏

投稿者 mitsu : 11:10 AM

December 05, 2005

051205.jpg今の会社に入って1年半あまりの間、デジカメで撮りためていた写真をプリントした。すごい枚数になった。1300枚ぐらいかな。これでも結構選んだんやけどな。一体アルバムを何冊買えばいいんやろ。途中でこのまま続けたらとてつもない枚数になるって気付いたけど、もう意地になってプリントしてた。一体インク代と紙代にいくら使ったやろう。結構高いんねんな。しかし思い出ってのは写真でみると美しいね。そして遠い昔のことの様だ。
気がつけばもう今年も12月。12月になったらちゃんと寒くなるんやね。もう波乗り行く気がしないよ。外は寒いけど冬の女の子達はおしゃれでいいよな。なんで女の子ってみんなおしゃれなんやろ。おしゃれしなくてもみんなかわいいのに向上心って素晴らしいね。でもこの中の誰一人と話すことはないと思うと寂しいな。
また今日から月曜日。一体あと何回月曜日を迎えるんだろう。月曜日はほんま苦手。でもやらなきゃ。課題は山積み。なにかと忙しい12月だけど、おしゃれな女の子達に負けない様に自分を高めていかないとね。

投稿者 mitsu : 10:52 AM

December 02, 2005

051202.jpg時間はカタチを変える。カタチなんてもともとないのに。例えば学生時代の卒業前みたいに何気ないヒトトキが貴重になる。バカ笑いが青春と呼ばれる。もう大人だから騒いでるだけじゃだめだ。いつのまにかあの子は夢を叶えている。そのいつのまにかに僕はどれだけの事をしただろう。実感はある。武器も増えてきた。誇りも増えてきた。
カタチが欲しい。

尊敬出来る奴らはまた尊敬する事する。
カッコイイ奴らはまたカッコイイ事する。
知っていたはずだけど寂しいな。
出来る奴らは何でも出来る。出来ない奴らは何にも出来ない。僕は何をしようかな。なんか出来るのかな。僕はどうしたらいいんだ。僕はそんなに強くないし、ダテメガネかけてごまかすか。いやいや実は結構強いかも。
カタチにしなきゃ!キャ!

すべてを飲み込んで笑って行くよ。
すべてを飲み込んで笑わなきゃ!キャ!

投稿者 mitsu : 10:51 PM