August 21, 2006

060821.jpg
何かが起こりそうな毎日。じっとしてられない毎日。あたりまえに過ぎていく毎日。
短い人生の中でやらなければいけない事があるとしたら何なんだろう。
短い人生の中で会わなければいけない人がいるとしたら誰なんだろう。
人生が短いかどうかもまだわからない。
もしそうなんだとしたらかっこつけたり恥ずかしがったりしてる時間はもったいないんだな。恐れることなど何も無かったのに。仕事だってちゃんとしなきゃいけないし。出来るだけ出歩きたいし。たくさんの人と会いたいし。酔っぱらって笑っていたいし。ネタは多い方がいいもんな。
何も無い事が本当は幸せなのかもしれないけど。
大体の事は許せる心でいよう。かまっている暇はないしね。だから大体の事は許してね。
僕望はきっとズバヌケているから大変だ。どんどん焦ってくる。

我武者らに正直に。我がままに。ほっつき歩いていこうかな。

投稿者 mitsu : 10:15 PM

August 20, 2006

060820.jpg
お盆休みは高知でサーフィンキャンプに行きました。楽しかったです。

投稿者 mitsu : 01:54 PM

August 17, 2006

060214.jpgそこは楽園だった。
今回で三回目の高知県入野松原サーフトリップ。キャンプ道具も充実して望んだだけに最高に楽しかった3泊4日だった。肝心の波は台風の影響もあってダンパーでどんどん荒れていったけど最初の2日間はかなり遊べたしこの4日間で海に対してかなりタフになったと思う。そしていつも感じる事だけどサーフトリップでの人との出会いは素晴らしい。今回もベテランサーファーとの交流や怪我からの復活劇を目の当たりにした。そしてなによりも一緒に旅したメンバーの人柄と助け合いが終始最高の笑顔で過ごせた事に繋がったと思う。波乗り、バーベキュー、ほろ酔い、海の恐さ、田舎の良さ、人の愛おしさ、笑顔、自然と向き合って過ごすという事。

そこは楽園だった。

入野松原サーフトリップ画像はこちら

投稿者 mitsu : 10:56 PM

August 04, 2006

060803.jpg
蝉しぐれにかき立てられておまえらには負けねぇよと今日を始める。 僕もこの夏しか生きれないならあんなに必死に叫ぶのかな。
あいつはもうすぐパパになるんだって。 僕はもうすぐ三十路になるんだって。
蒸し暑さを抑えて夏の夜風が誘いに来た。そんな気分で友と飲む。 ほろ酔い気分の帰り道はなんでも出来る様な気がしてた。なんでも叶えられる。そんな気がしてた。
帰り道見上げた夜空は僕を映し出してる様な気がしてた。 隠される月をもっと出してやりたかった。
明日も生きてやろう。未来へ向かってやろう。
恐れる事はないさ。イメージを持ってそこへ向かい続けるだけだ。

投稿者 mitsu : 11:25 AM

August 02, 2006

060730.jpg
いつものとおり夏は来た。遅れたって梅雨は明けた。
いつものとおりこの部屋で苦しんでいる。いつものとおりうまく描けないんだ。
いつものとおり友と酒屋でバカ笑い。いつものとおり会社に行けば苦笑い。
いつまでも僕は酔っぱらっていたいんだ。酒だけじゃなくてね。酔っぱらって生きるのが楽しいんだ。
いつものとおり人の話を聞いてないって言われるよ。ウワノソラだって。
いつものとおり誰かを傷つける事繰り返しているよ。知らぬ素振りして。
いまだに誰かのためには生きれないけれど、僕は僕の思う道をやるしかないんだ。わがままに時間を使って。自分を好きにならないと全てに目を向けられない。

画面じゃなくて原画で見せたいんだ。未来に酔っぱらいながら。

投稿者 mitsu : 12:28 AM