January 31, 2008

誰も端っこで泣かないように地球を丸くしたんだよ。 誰かにそんな事を言われたことがあるような気がする。
そんな事を思い出しながらトイレに貼った世界地図を眺めてる。こんなに独りな場所でも世界を思い浮かべれる。
外の足音で自分を思い出す。すぐ壁一枚向こうには知らない世界が存在するのだ。
その世界は端っこのないやつではなく独りの世界。それも充分にでかい。けど端っこはある。
あんまりトイレにこもってると痔になるよ。
誰かにそんな事を言われたことがあるような気がする。

昨日した約束も明日には破ってしまうんでしょう。
昨日守り抜いた意地も明日は誰かに流されてしまうんでしょう。
昨日あきらめたことも僕はすぐに思い出してしまうんでしょう。

寂しがりやな僕も明日には独りでいたくなるんだ。
強くない僕も明日には何かを築いてみたいんだ。

投稿者 mitsu : 10:48 PM

January 24, 2008

080124.jpg 雲の流れの速さに景色化している自転車が倒れていく。僕は気掛かりに降水確率をチェックする。
あの人は車で君は電車で僕は自転車。
それぞれにそれぞれのペースでたどり着く。天気に左右されるのは僕ぐらい。雨風はラジオもノイズにする。
僕はいろんなモノに影響されて生きてる。みんなは幸せを築きだしている。でももうちょっとかまってね。
めんどくさく思ってしまうこと。結局冷たいひとと言われる。
大人ぶって悩みを聞いてること。結局子供みたいと言われる。
いろんなモノ見てシンプルになる。

僕から夢を引くとなんなんだろう。なんと呼ぶんだろう。
そんな絵をまたいつか描けたらいいな。

投稿者 mitsu : 03:09 PM

January 13, 2008

窓を通せば真冬の感じがしないあたたかい陽射し
それでもまだ街は凍えそうな雰囲気がしている
経験なんて便利なことば
それなりになって また戻って
途切れた続きを取り戻したくなって 話すことにはためらって 知らなきゃ良かったって 知りたがって 飛び出して また戻って
いつかはすべて消えてしまうのに
何年たっても思い出してしまうでしょう
先生に怒られたこと忘れてないよ みんなの笑いごえ忘れられないよ
環境は僕以外のすべて 宇宙は僕を含むすべて
僕は変わるかな 変わったかな
窓のそとはまだ恐いときがある

投稿者 mitsu : 06:58 PM

January 05, 2008

080105.jpg 去年の暮れに三十路になった。なかなかいい二十代だった。波乱万丈土台は作った。経験を積んだ。
二〇〇八年になった。生田神社で大吉を引いた。すがすがしく飲み明かした朝だった。
今なら今までわからなかった皆様のコトバがわかる気がする。こういう事か三十歳。ワクワクするぜ三十路道。
でも何故か「まだ絵描いてる」ってコトバにふせめがちになる。

何かを学んで時は進む。何かを忘れて時は進む。
まだまだ終わらない。

投稿者 mitsu : 04:32 AM