July 20, 2010

100712.jpg レンタカーで滋賀県甲賀市信楽町にあるMIHO MUSEUMに行きました。
MIHO MUSEUMは自然豊かな湖南アルプスの山中にあり、建築設計はルーブル美術館のガラスのピラミッドなどで世界的に知られるI.M.ペイ氏です。
流石の設計で美術館だけでなく美術館に着くまでの敷地も全て素敵でした。「自然と建物」「伝統と現代」「東洋と西洋」の融合が見事でした。
設計のテーマは桃源郷だそうで、道に迷った漁夫が仙境の楽園「桃源郷」を見つけ出すという陶淵明の「桃花源記」に描かれた物語をモチーフにしているそうです。

100712_2.jpg
丁度梅雨も明けて、今回はレンタカーをでのお出かけだったのでいろんな場所に行けました。陶芸の森では自然の中でお弁当を食べて、たぬきにも出逢いました。

その他にも三筋の滝や陶芸屋さんやカフェなどいろいろ満喫できていい休日でした。



美しいものを見ることは心にとてもいいもんです。

たまには車でのお出かけもいいですね。

投稿者 mitsu : 02:58 PM

July 12, 2010

100712.jpg 電車を乗り継ぎ、バスに乗り、山を登り、奈良県宇陀市の室生山上公園芸術の森に行きました。
こんな山奥になんでこんな公園があるのか・・・
もともとは田んぼだったところを、この一帯の地すべり対策のために整備されたのだそうです。必然性があって工事したところに地域振興も兼ねて、せっかくだからアート作品を設置して活用しようということになったそうです。

公共事業とアートが融合した公園です。
なかなか洒落た事をしますね。

100712_2.jpg デザインを監修したのが、著名な彫刻家「ダニ・カラヴァン氏」。都市や砂漠までも作品に取り入れるという、スケールの大きな野外作品を得意としている方で、室生の地を16回も訪問して、この公園のイメージを膨らませていったそうです。

お弁当を持ってお嫁さんと山奥にパブリックアートを見に行く。なんだかいい一日でした。

帰りはバスに乗らずに山を2時間歩いて降りて帰りました。

投稿者 mitsu : 11:53 AM

July 06, 2010

100706.jpg 緑が気持ちいい日は河川敷を走ってみる。
いつも凧上げをしているおじさんがいる。
行きと帰りで風が違う。
少年野球はセピアに見える。
カメを見ると安心する。

白いキャンバスはナイフを突きつけられているようだ。もう普通には描けない。

時間を持て余すと狂いそうになる。
時間が無い時は忘れそうになる。

父親と卓球すると興奮する。
友達と野球すると清々しい。
奥様の料理を食べるとにやける。

幸せにそれらを、それらを幸せに。 感じる事を続けることに。
ミシンの音がやけに心地よい。

投稿者 mitsu : 06:47 PM